「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーン

公益財団法人 日本体育協会により2011年から展開中。みんなで「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」

立川富士見シールスも賛同しています

この度、当サイトのトップページにてチームとして賛同していることを表明しました。
キャンペーンの趣旨は、私たちが日頃チームの運営やその改善に取り組む際「あるべき姿」、「果たすべき役割」としている「思い」そのものです。

 

(以下、キャンペーンサイトより抜粋)

スポーツには様々な力がありますが、その中心にあるのがフェアプレイです。スポーツを通じて育まれるフェアプレイは、社会を元気にする人づくり、地域づくり、国づくりに貢献できるはずです。このキャンペーンは、「フェアプレイで日本を元気に」を合言葉に「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」という具体的な行動を通じて、日本社会を元気にしていく取り組みです。

 

あなたも「フェアプレイ宣言」しましょう

キャンペーンサイトから宣言できます。あなたの宣言書を作成し周りの人にも広めましょう。5 年で 100万人、10年で 1,000万人まで浸透させることが目標だそうです。今年は 5 年目、まだまだ間に合いますよ。